解決事例

会社経営者が相続税対策により円満に後継者に会社を引き継がせた事例

相談者は会社を経営しており円満に後継者に会社を引き継がせたいということで法律事務所に来所されました。相続人は配偶者と子供3人であります。 円満に後継者に会社を引き継がせるポイントとして①相続税対策、②争族対策の二つあることを説明。 その上で、①相続税対策については自社株の評価及び相続税シミュレーションを実施した。 相続税対策については、生命保険の活用(非課税枠の活用)、死亡退職金規定
続きを読む >>

不動産オーナーの相続対策と円滑な不動産事業承継を実現した事例

相談者は不動産を複数所有している不動産オーナーで相続人が子供3人いて相続対策をしたいということで事務所に来所されました。 不動産は所有している物件が多数あることから①相続税対策と②争族対策の二つが必要であると説明。まず、①相続税対策については、既に不動産会社から試算をしてもらっていることから相続税シミュレーションではなく一歩進んだ相続税対策をしたいと希望されました。 そこで、①相続
続きを読む >>

養子縁組や遺言により面倒を見てもらっている親族に財産を多く取得させた事例

相談者の配偶者(夫)はすでに亡くなっており子供2人(長男・次男)いて、面倒を見てもらっている長男と長男の妻に多くの財産をあげたいと希望して相談されました。 長男が面倒を見ていても相続の際には原則として相続分は2分の1となってしまうことを説明。 長男の貢献に応じた寄与分は争いになった場合次男の了解が得られない場合家庭裁判所での調停になること、調停になったとしても認められることが難
続きを読む >>

兄弟間で遺産分割の協議が整わないため遺産分割調停申立をしたBさんの事例

相談者:Bさん 被相続人との関係:長男 争点:遺産分割調停 家族関係図     背景 父が亡くなり、遺産分割をしないうちに母も亡くなったため、兄弟間の相続になったBさんの事例です。Bさんの兄弟のうちの一人が遺産分割協議に応じず、脅迫的な言動をとるために分割協議が難航していました。 そこでBさんは当事務所にご依頼される前に遺産分割調停を申し立てていましたが
続きを読む >>

次の記事を見る >>
相続のワンストップ無料相談受付中 0294-33-6622


ページ上部へ戻る