後見人である当事務所に休日1日だけ来所することにより、全ての手続きを完了させた事例

相談者は東京で仕事をしており両親が日立に居住しており認知症で施設に入所しており、入所費用を捻出するために悩んでいた。入所費用を捻出するために投資財産を解約することが必要であるため後見申し立てをしたいということで当事務所に相談。

内容が複雑ではないことから電話による相談をした上で、後見申立に必要な資料を説明した上で、休日東京から日立に来る際に打ち合わせを1回実施。その後は電話や郵送のやりとりで後見申立の準備をして家庭裁判所に申し立てを行った。

その上で後見人として当事務所が選任された。

これにより東京での仕事をしながら、休日1日だけ事務所に来所することにより全ての手続きを完了させることができた。

茨城県日立市や北茨城市、高萩市に両親が住んでいるものの、相談者は首都圏に住んでいるケースは増えてきています。
そのようなケースに当事務所は対応するために事前に電話で打ち合わせを行った上で休日の少ない回数での日立での打ち合わせを行うことにより手続きをすすめることも可能です。

遠方にお住まいの方でも、茨城県日立市にある片岡法律事務所にご相談ください。複雑なケースは電話での打ち合わせが困難なこともありますのでご了承ください。

※個人が特定されない範囲で内容を加筆修正しています。

>>>後見人についての詳しい説明についてはこちら

解決事例の最新記事

相続のワンストップ無料相談受付中 0294-33-6622


ページ上部へ戻る