納税者の為の適正評価を行う為の機材その10

(1) 騒音計

 

ハンディタイプの騒音計を利用し30.0dBA~130.030.0dBAの範囲の騒音レベルを
測る事ができます。

 この機材を活用することにより、土地を適正に評価した上で、その土地の評価減を図ることが可能となります。


相続のワンストップ無料相談受付中 0294-33-6622


ページ上部へ戻る