納税者の為の適正評価を行う為の機材その6

(1) 地理情報システム(GIS:Geographic Information System)

 

地理情報システム(GIS:Geographic Information System)は地理的位置を手がかりに、位置に関する情報を持ったデータを視覚的に表示し分析する手法です。国や地方公共団体が電子データとして提供しているものをコンピューターに集積し当該土地が地球上のどの位置にあるか、どのような地勢にあるのか、法的な網がどのようにかかっているか等を 総合的に判断することができます。測量で取得したデータ、測量CADシステムで 加工 した図面、マルチコプターで撮影・解析した画像を取りこむことでより価値の高い資料作成をすることを可能にします。
 この機材を活用することにより、土地を適正に評価した上で、その土地の評価減を図ることが可能となります。

(2) 活用例

広大地  35%~55%減

高低差のある土地
騒音のある土地
近くに墓地がある土地
日照阻害のある土地
土地区画整理事業施工区域内の土地
土砂災害警戒区域等に指定されている土地


相続のワンストップ無料相談受付中 0294-33-6622


ページ上部へ戻る