納税者の為の適正評価を行う為の機材その8

(1) 水平レーザーレベル

水平レーザーレベルは、小規模の敷地の高低差を観測したり、建物の水平が確保されているか確認することができます。レーザー受信機を利用することで一人での観測も可能です。

 この機材を活用することにより、土地を適正に評価した上で、その土地の評価減を図ることが可能となります。


相続のワンストップ無料相談受付中 0294-33-6622


ページ上部へ戻る